PROJECT

福、笑い」 NEW福島県ブランド米

HOME | PROJECT | 福、笑い

区切り線

「福、笑い」PROCECT


開発経過

コシヒカリに勝る新品種誕生

「福、笑い」(福島40号)は2006年に交配され、育種目標は品質と食味が優れた品種として福島県が開発してきた。
母方に「コシヒカリ」、父方に「ひとめぼれ」の系譜を持ち、コシヒカリより背丈が低く登熟期は同等か数日遅い傾向にある。
 

試食会高評価

2018年試験栽培収穫米を用いた試食評価では、流通関係企業や消費者から高い評価を頂きました。
◆流通関係企業
 ◎『甘み・香り』が強く、柔らかめの食感
 ◎他品種との差別化につながる個性のある米、主張する米
◆消費者
 ◎他産地コシヒカリ、あきたこまちと比べ、「福、笑い」(福島40号)を好む割合が多い
 ◎『粘り・甘み』の印象が強く、特徴的な米と評価

 

プレデビュー2020年産米 試食高評価

2020年プレデビューへ県内13生産者が栽培した「福、笑い」が、11月10日より国内25箇所の特設販売所、デパートやお米屋様などで販売が行われました。
生産者の当園へも福島県より試食用に自作玄米のご提供があり、このお米を当園お客様や応募希望者へお配りし、ご試食をいただきました。
そのご感想をいただきましたのでご紹介いたします。
→ご感想はこちらをご確認ください。
 

研究会

ハンマーナイフモア草刈り

先行栽培研究会の一員として

2020年3月24日 福島県やJA福島中央会、集荷団体などで構成する県オリジナル米生産販売推進本部において、今年産から先行栽培する研究会の登録証交付式が行われた。
当園もこの研究会(JA会津よつば)に登録され、県内13登録者の一員として「福、笑い」の先行栽培に取り組みます。
 
2020年は県内各地で栽培基準の実証検討を進め秋にプレデビュー、2021年の本格生産開始を経て秋の本格デビューへつなげて行きます。
粘り甘み香りが強く、粒が大きい柔らかめの食感が特徴的な新品種「福、笑い」。
皆さんお待ちください。

栽培記録

2020年産 先行栽培記録

・塩水選〜浸種開始    4月7日
・催芽          4月21日
・播種〜芽出し育苗    4月24日
・ハウス育苗開始     4月27日
・土壌改良剤散布、耕起  5月3日
・育苗現地視察      5月8日(普及所、JA)
・植え代掻き       5月10日
・除草剤散布(初期剤)  5月12日
・田植え         5月19日(雨上がりの曇り空)
・除草剤散布(中期剤)  5月22日
・除草剤散布(一発剤)  5月29日
・中干し         6月25日〜7月13日(降雨天候続き中干し不完全)
・溝切り         6月29日
・幼穂形成期追肥     7月13日
・出穂開始(走り穂)   8月9日
・出穂期         8月13日
・カメムシ防除      8月17日
・落水          8月31日
・稲刈り         9月30日